焙煎堂、5年目突入しました。6月はインドネシア・バリ神山です。

Caffe@Club焙煎堂 Caffe@Club焙煎堂 Caffe@Club焙煎堂

売り上げベスト3(1月)

焙煎堂日記

さて、1月の売り上げ集計ができたので、ご報告です。毎月1位になるのは今月の豆なので、今回も1位は断トツ「タイ・サイアム・ブルームーン」で確定です。ブルームーンは凄く飲みやすく、飽きの来ない味なので、安定供給が可能になってから常備品になっていますので、いつでも購入できるようになったのですが、それでもやはり1月によく売れます。開運珈琲ということで縁起が良いということなのでしょう。2位は、これも毎度のことですが「焙煎堂ブレンド」です。ネットでの販売はしていませんが、味がしっかりしていることと、購入しやすいお値段と言うことで、「毎日飲むなら焙煎堂ブレンド」と言ってくださるお客様も多く、安定して売れています。そして第3位ですが、1月は「インドネシア・マンデリンG1」これも常に上位の豆です。農園指定ではないのですが、「独特の風味と中深煎りのコクが良い」と言って、この豆しか買わないとおっしゃってくださるお客様も沢山おられます。マンデリンはインドネシアの中でもスマトラ島で採取されるアラビカ種で作った豆で、精製方法も「スマトラ方式」という独特のものです。そのため生豆の状態では少し野性的な姿をしていますが、それこそがマンデリンの証。その中でも最高グレードのG1は、インドネシアの珈琲豆の基本であり代名詞となっています。これもまた店売りのみでの扱いで、今のところネットでは販売していません。(ご要望が多ければ、ラインナップに加えますので、ご希望の方は直接メールcaffe-club@baisen1001.xsrv.jpでお知らせください)